坪沼が歴史に登場するのは、南北朝時代の貞治6年(1368年)大崎氏が相馬市坪沼郷を与えたという古文書が最初です。
坪沼は東街道に通じ、当時陸奥(東北)地方一帯に勢力をふるっていた大豪族安倍氏の支城であった根添城を中心に前9年役(1056年)で源義家によって滅ぼされるまで大いに栄えました。それ以降、坪沼はかつての賑わいを取り戻すことはできず、江戸時代に入り天明・天保の大飢饉にあい多数の餓死者を出し、一時は全くの寒村になったということです。

明治時代に入り坪沼村は茂庭村と合併して生出村となり、林業・養蚕で全国三大模範村の一つに数えられた
こともありました。昭和31年に生出村は仙台市に吸収合併され今日に至ったものです。



<<戻る  次へ>>

<<目次>>