ご祈祷・お祓いなら、宮城県仙台市太白区 鎮座の坪沼八幡神社へ

坪沼八幡神社「社殿」
神社の紹介
神社の教え
人生儀礼
赤ちゃんのおまつり
子どものおまつり
成人のおまつり
厄祓い
神葬祭
家庭のまつり
社報
ご祈祷と授与品
家相と年回り
ふるさと紹介
アクセスマップ
リンク集
よくあるご質問
祭囃子について
坪沼八幡神社
仙台の神社「坪沼八幡神社」 目次人生儀礼(神葬祭)

人生儀礼

神葬祭

神道式で行われるお葬式のことを「神葬祭」といいます。

神葬祭は、神職を通じて産土さまに亡くなったことを奉告することから始まります。 一般的に通夜といわれているものが、神葬祭の遷霊祭にあたります。遷霊祭では、亡くなられた方の御霊を霊璽(仏式の位牌にあたる)といわれる白木の「みしるし」に遷します。 霊祭のあとは年祭を行います。

亡くなられてから満一年目に一年祭を、以後二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と行い、その後は、十年ごとに行います。 命日には、御の中から霊璽を取り出し、故人の好物をお供えして、神職に祝詞を奏上してもらいます。

遺族や親類縁者が、互いに睦まじく元気で努めている姿を奉告するとともに、いつも守っていただいていることに感謝します。 こうして、子孫の手厚いおまつりが続けられ、五十年がたつと「祭り上げ」といって、亡くなられた方の霊は清められて、神と先祖のもとに帰ると言われています。

霊璽には、霊号(仏式では戒名)が記され(生前の名前の下に「命」、男は「大人」「彦」女は「刀自」「姫」等が付けられる)、しばらくの間は仮御霊舎に安置されます。 翌日、告別式にあたる葬場祭が行われ、次の日には翌日祭が、以後十日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭が行われます。百日祭までを霊祭といい、一般的には五十日祭をもって忌明け(喪に服する期間を終えること)とされます。 神職さんに清祓いをしてもらい、それまで遠慮してきた神棚のおまつりもこの時から始めます。

五十日祭が終わると、霊璽を御といわれる箱に納め、御霊舎におまつりします。

このページの先頭に戻ります