人生儀礼

戻る Home

厄祓い

厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことです。
厄年を迎えると、神さまの御加護をいただいて災厄が身に振りかからないよう、神社にお参りして厄祓いします。
→ご祈祷ページへ

男性は25才・42才・61才、女性は19才・33才・37才が厄年にあたり、その前後を前厄・後厄と言います。中でも男性の42才は「死に」、女性の33才は「散々」に通ずるという語呂あわせから、大厄と言われています。 また、古くから42才、61才という年齢は、社会における重要な年回りとされ、神事においても重要な立場に当りました。そのため、厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことであるともいわれます。その役を行うにあたって神さまに失礼のないように、飲食や行為を慎み心身を清浄にするためにご祈祷受けたのがはじまりであるとも考えられててます。

正月が過ぎてからもう一度、門松を立て、餅をついて新年を迎える祝いをし、正月を二度行うことによって、年齢を進めて厄年を通過したとするところもありますし、人を招いて御馳走をし、同じものを食べることによって、厄を分散するところもあります。

合同(同級会)の厄祓・還暦祓の事・・・正月から春先にかけて、同級会が多くもたれますが、その際みんな揃って先ずお祓いを受ける風習があります。神社にお越し頂くか、または近くでは秋保温泉の旅館に出向して、合同の厄祓・還暦のお祓いを 行っております。旅館でのお祓いには担当者との打ち合わせが必要となりますので、 予めご相談下さい。

厄年表

令和4年度 男女共通

前 厄 本 厄 後 厄
昭和50年生まれ
48歳
満47歳
う(うさぎ)
昭和49年生まれ
49歳
満48歳
とら
昭和48年生まれ
50歳
満49歳
うし


八方除け

八方除けには大きく分けて2つの種類があります。1つは「年回り」による八方除けで、人が生まれながらに持っている本命星が、その年に方位盤のどの方向に位置しているかで吉凶を占います。もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための八方除けです。同じ家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。そのような場合に八方除けのお祓いを受けて、大難を小難に、小難を無難に収めます。この場合の八方除けは、神社によっては「方位除」「方災除」などと言う場合もあります。

八方除け早見表

令和4年度

五黄土星
中央(八方塞がり)
大正12年生まれ
100歳
い(いのしし)
昭和7年生まれ
91歳
さる
昭和16年生まれ
82歳
み(へび)
昭和25年生まれ
73歳
とら
昭和34年生まれ
64歳
い(いのしし)
昭和43年生まれ
55歳
さる
昭和52年生まれ
46歳
み(へび)
昭和61年生まれ
37歳
とら
平成7年生まれ
28歳
い(いのしし)
平成16年生まれ
19歳
さる
平成25年生まれ
10歳
み(へび)
令和4年生まれ
1歳
とら


八白土星
北東(表鬼門)
大正9年生まれ
103歳
さる
昭和4年生まれ
94歳
み(へび)
昭和13年生まれ
85歳
とら
昭和22年生まれ
76歳
い(いのしし)
昭和31年生まれ
67歳
さる
昭和40年生まれ
58歳
み(へび)
昭和49年生まれ
49歳
とら
昭和58年生まれ
40歳
い(いのしし)
平成4年生まれ
31歳
さる
平成13年生まれ
22歳
み(へび)
平成22年生まれ
13歳
とら
令和元年生まれ
4歳
い(いのしし)


一白水星
北(困難宮)
大正7年生まれ
105歳
うま
昭和2年生まれ
96歳
う(うさぎ)
昭和11年生まれ
87歳
ね(ねずみ)
昭和20年生まれ
78歳
とり
昭和29年生まれ
69歳
うま
昭和38年生まれ
60歳
う(うさぎ)
昭和47年生まれ
51歳
ね(ねずみ)
昭和56年生まれ
42歳
とり
平成2年生まれ
33歳
うま
平成11年生まれ
24歳
う(うさぎ)
平成20年生まれ
15歳
ね(ねずみ)
平成29年生まれ
6歳
とり


二黒土星
南西(裏鬼門)
大正6年生まれ
106歳
み(へび)
昭和元年
97歳
とら
昭和10年生まれ
88歳
い(いのしし)
昭和19年生まれ
79歳
さる
昭和28年生まれ
70歳
み(へび)
昭和37年生まれ
61歳
とら
昭和46年生まれ
52歳
い(いのしし)
昭和55年生まれ
43歳
さる
平成元年生まれ
34歳
み(へび)
平成10年生まれ
25歳
とら
平成19年生まれ
16歳
い(いのしし)
平成28年生まれ
7歳
さる