ご祈祷・お祓いなら、宮城県仙台市太白区 鎮座の坪沼八幡神社へ

  • 神社の紹介
  • 由緒・御祭神
  • 例祭・年中行事
  • 境内の紹介
  • 生涯の守護神をお探しの方へ
  • 神社の四季
  • 神道の教え
  • 人生儀礼
  • 家庭のまつり
  • 社報
  • 御祈祷・出張祭・御守
  • 家相と年回り
  • ふるさと紹介
  • アクセスマップ
  • リンク集
  • よくあるご質問

祭囃子について
仙台の神社「坪沼八幡神社」 目次 > 神社の紹介(例祭・年中行事)

神社の紹介

例祭・年中行事

1月  元旦【元旦祭】

午前6時半から元旦祭(引き続き初日を拝む集い)

1月15日【どんと祭】

午前6〜9時
午前9時 人形感謝祭(供養祭)

2月11日【建国祭】


2月17日【祈年祭】


4月15日【例大祭(本祭)】
前の土曜日【御輿渡御】
前の日曜日【奉祝神賑行事・奉納演芸大会等】

毎年4月15日は例大祭が行われ、その近くの土曜日には昔ながら賑やかに盛大に神輿渡御が行われ、坪沼の里々を練り歩きます。

境内では地元の方により露店が出たり、夕刻には神楽が舞われます。 特に午後7時頃夕闇の中、提灯に先導されたお神輿のお山入り(還御)は勇壮で見物 です。
次の日、日曜日には、奉祝祭が行われ少年剣道の奉納試合や、祭ばやし、歌や舞などの奉納演芸大会がにぎやかに執り行われます。


5月【お田植祭】

6月最終土曜日【蛍と平家の琵琶の夕べ】

仙台市の西南端に位置する坪沼は、自然に富み星が美しく輝く里。

6月から7月にかけては蛍が飛び交い、自然の「光のページェント」が繰り広げられます。 また、当日は、平家琵琶の演奏会が開かれ、神社境内は、出店なども多数でて、たくさんの人でにぎわいます。

平曲は室町時代に全盛期を迎え、江戸時代には幕府によって能と同じく 保護されました。 今日では名古屋と仙台にわずかに残る奏者が、その伝承に努めておられます。

かがり火がたかれた境内に響く神秘的な琵琶の音は、深く心にしみるものです。
さらに、平家の落ち武者が伝えたと言われる、地元「坪沼祭囃子」の演奏も行われ、 平曲と共に、聴く者を悠久のときへといざなってくれます。 皆様のお越しを、心よりお待ちいたしております。


6月末【夏越の大祓】

※本年は7月に斎行いたします。
平成28年7月3日(日)午後3時


10月【抜穂祭】


11月23日【新嘗祭】


12月23日【年越の大祓(歳晩祭)】

午後2時


12月末【干支引き継ぎ式】

正月三が日は干支の動物が参拝者をお待ちしております



このページの先頭に戻ります