ご祈祷・お祓いなら、宮城県仙台市太白区 鎮座の坪沼八幡神社へ

  • 神社の紹介
  • 神社の四季
  • 神道の教え
  • 人生儀礼
  • 赤ちゃんのおまつり
  • 子どものおまつり
  • 成人のおまつり
  • 厄祓い
  • 神葬祭
  • 家庭のまつり
  • 社報
  • 御祈祷・出張祭・御守
  • 家相と年回り
  • ふるさと紹介
  • アクセスマップ
  • リンク集
  • よくあるご質問

祭囃子について
仙台の神社「坪沼八幡神社」 目次 > 人生儀礼(厄祓い)

人生儀礼

厄祓い

厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことです。
厄年を迎えると、神さまの御加護をいただいて災厄が身に振りかからないよう、神社にお参りして厄祓いします。
→ご祈祷ページへ

男性は25才・42才・61才、女性は19才・33才・37才が厄年にあたり、その前後を前厄・後厄と言います。中でも男性の42才は「死に」、女性の33才は「散々」に通ずるという語呂あわせから、大厄と言われています。 また、古くから42才、61才という年齢は、社会における重要な年回りとされ、神事においても重要な立場に当りました。そのため、厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことであるともいわれます。その役を行うにあたって神さまに失礼のないように、飲食や行為を慎み心身を清浄にするためにご祈祷受けたのがはじまりであるとも考えられててます。

正月が過ぎてからもう一度、門松を立て、餅をついて新年を迎える祝いをし、正月を二度行うことによって、年齢を進めて厄年を通過したとするところもありますし、人を招いて御馳走をし、同じものを食べることによって、厄を分散するところもあります。

合同(同級会)の厄祓・還暦祓の事・・・正月から春先にかけて、同級会が多くもたれますが、その際みんな揃って先ずお祓いを受ける風習があります。神社にお越し頂くか、または近くでは秋保温泉の旅館に出向して、合同の厄祓・還暦のお祓いを 行っております。旅館でのお祓いには担当者との打ち合わせが必要となりますので、 予めご相談下さい。

厄年表



このページの先頭に戻ります